タイムレコーダーの機能を比較!便利な勤怠管理を活かすコツ

出勤と退勤以外の打刻が可能

オフィスで飲み仕事をするのであれば、出勤時間と退勤時間が分かればその人の仕事の時間がわかります。退勤時間と終業時間の差が残業になります。その時間を集計すれば、ある程度の勤怠管理ができそうです。しかし、いろいろな勤務体系の人がいる会社もあります。営業職なら外出を多くします。パートなどなら出勤時間と退勤時間が正社員とは異なります。交代制なら1日に複数回出勤する人もいるかもしれません。便利な機能がついているタイムレコーダーとしては、複数の時間の打刻ができるタイプがあります。基本は出勤と退勤です。朝押せば出勤として記録され、その次に押せば退勤として記録されます。その他外出ボタンを押して打刻すればその時間として打刻ができます。

タイムカード以外で記録できる

社員の出勤記録をする仕組みにはタイムレコーダーがあります。それとセットとしてタイムカードがあります。別途購入して使う必要がありました。ただ、誰かが代わりに押すなどの問題もあります。タイムレコーダーには、タイムカード以外で出勤や退勤が記録できるタイプがあります。ICカードであったり、携帯電話をかざせば記録できるタイプがあります。これでかなり代理で押す不正はなくなります。それでも無くならないときは、静脈認証や指紋認証タイプを使います。これらは人それぞれ固有なので、別の人が代わりに打刻などはできません。さらに、パソコンやスマートフォンなどから出勤時刻、退勤時刻が申請できるものがあります。会社に来ない人の勤怠管理が可能になります。