今の勤怠管理で満足?

勤怠管理の効率化の必要性

業務は多岐にわたり、勤怠管理に抜け漏れが発生してしまい、賃金の未払いなどの問題が発生してしまいます。問題のあるプロセスは、部下の自己申告を上司が管理しきれないケースです。手書きでの申告や出張など離れたところからの申告で情報が整理にしくい環境にあります。また、時間をお金に換算するときの煩雑さです。休日出勤の手当てなのか残業の手当てなのかを考えて処理しなければなりません。紙での長期保存はファイルがかさばり場所の問題にも発展します。
最近では、労働時間の管理で長時間労働が法的にも問題となっていますので集計をすることで管理する体制が必要になり、いかに効率的かつ正確にシステム処理をするかが課題になります。

システムを使った勤怠管理

システムを使った勤怠管理が各社からソフトやダウンロード版でリリースされています。タイムカードと連動してデーターベースに蓄積され、時間を見て給与に反映して、給料明細まで作成してくれる機能です。また、個人PCからも勤怠実績の入力が可能なため、出張や在宅ワークなどいろいろな働き方にも対応しています。データベースで残業時間や有給時間をリストアップすることができますので勤怠状況を分析することができます。
会社の事情に応じたシステム設計も委託することができより簡単に管理する環境も提供してくれますし、体験版を使うことで製品の良さを見極めることも可能です。また、無料のフリーソフトもありますので簡易管理に最適です。